ビタミンE

『若返りのビタミン』といわれるビタミンE。脂溶性のビタミンの代表。細胞の老化を防いだり、血液をサラサラにしたりするので、生活習慣病の予防効果も期待されています。

 ビタミンEは何に効くの?

  • 老化防止

    強い抗酸化力を持っているビタミンE。有害な過酸化脂質が増加して体の機能の低下や、細胞の酸化を防いでくれます。40代になると、血中の過酸化脂質量が急激に増加し、様々な全身機能の低下の原因になります。最近では、アンチエイジング効果が期待され、ビタミンE配合の入浴剤や美容クリームなどがエステなどで使われています。日頃からしっかりビタミンEを摂って若さを保ちましょう。

  • 血管の健康を保つ

    ビタミンEは『血管の掃除人』ともいわれるほど、血流の流れをよくする働きがあります。血栓ができるのを防げれば、動脈硬化や脳梗塞、心筋梗塞などの予防効果にもつながります。血液が体のすみずみに行き渡ることで、新陳代謝が高まり、肩こりや冷え性、腰痛改善に効果があります。

  • 不妊症や更年期に

    もともと、ビタミンEは不妊の研究で発見された物質です。ちなみに、学名を「トコフェロール」といい、ギリシャ語で「トコ」は「子どもを産む」、「フェロル」は「力を与えるという」意味です。ビタミンEは副腎や卵巣に蓄えられ、男性ホルモンや女性ホルモンの代謝にも深く関わっています。不妊だけでなく、生理痛、生理不順の方は、十分に摂取することで軽減されます。また、女性ホルモンの激減が原因となっている更年期障害ですが、ビタミンEを補うことで女性ホルモンの分泌を助け、症状の改善や予防が期待できます。

    ビタミンEを多く含む食品

    ビタミンEは、植物油に多く含まれています。加熱したり、古くなったりすると酸化が進むので、早めに使いきりましょう。その他には、種実類、魚卵に多く含まれています。

油脂類(1食当りの目安量)
ひまわり油 大さじ1(13g) 5.1mg
サンフラワー油 大さじ1(13g) 3.6mg
綿実油 大さじ1(13g)  3.7mg
その他(1食当りの目安量)
かぼちゃ(120g) 6.1mg
ウナギのかば焼き 1串(100g) 4.9mg
キングサーモン 1切(150g)  5.0mg
アーモンド 10粒 (14g)  4.4mg

(参考:中村丁次監修「栄養の基本がわかる図解辞典」成美堂出版)

 ビタミンEが不足すると??

ビタミンEが不足すると、赤血球の膜が壊れてしまい、貧血や血行障害を引き起こします。女性に多い冷え性や肩こりなどはこの血行障害が大きな原因になる場合が多いのです。また、ごくまれにですが、感覚障害や神経症状が起こります。

ピックアップ

抗酸化ビタミンは、活性酸素の働きを抑える作用があるビタミンです。このビタミンの代表にはビタミンA、C、Eがあります。これらを一緒に摂ると、心筋梗塞や脳卒中などのリスクとなる活性酸素をより効果的に抑制してくれます。また、ビタミンCはビタミンEととても関係が深いビタミンです。活性酸素を無害化する働きを成し終えたビタミンEは、抗酸化作用がなくなってしまいますが、ビタミンCが加わることで、ビタミンEが元通りの働きができるようにしてくれます。このように、ビタミンEは、単体で摂るよりも、他のビタミンと一緒に摂るほうがより効果的な体質改善につながります。また、サプリメントでビタミンEをとる場合は食事中や食後30分以内に摂取すると、食品中の油分と混ざり合って体内に吸収されやすくなるので、脂溶性であるビタミンEの効果が期待できます。

関連記事

ピックアップ記事

記事の編集ページから「ピックアップ記事」を選択してください。

ページ上部へ戻る