イカとたけのこのジェノバ風味

たけのこ の注目成分チロシン!

茹でたたけのこを切ると出てくる白い粒子のような成分は「チロシン」といってたけのこのうま味の元とされるアミノ酸の一種ですが、チロシンはホモゲンチジン酸が変化したもの。つまり、たけのこを下茹ですれば、アクが除かれてえぐみの元はうま味に変化するのです。チロシンは新陳代謝を促進し、体内のホルモンの生成を盛んにして脳を活性化してうっかり対策に期待できます。

たけのこ で肝機能強化!?

たけのこは食物繊維が多く、便秘の改善にも期待できます。また、タウリンの多い魚介と組み合わせることで、肝機能強化にも働きます。肝臓は、新陳代謝・解毒・胆汁生成・糖質 タンパク質 脂質の代謝・グリコーゲン貯蔵・ビタミンの活性化・アルコールや有害物質の分解・脂肪吸収に不可欠な胆汁の生成などなど、体には欠かせない大切な働きをしています。肝臓に良い食事を心がけ、肝臓をいたわりましょう。

 

関連記事

ピックアップ記事

記事の編集ページから「ピックアップ記事」を選択してください。

ページ上部へ戻る